日本語教師420時間の修了認定取り消しについて

当社が職業訓練において発行する日本語教師420時間修了証は、訓練修了時に、
@出席率
A効果測定(学科試験)
B模擬授業の評価
C講師としての適格性
以上4つの観点から授業を担当した講師による認定会議を経た後、事務局が最終認定し、発行されます。

修了証の発行は訓練修了後速やかに行われますが、その後の期間において、職業訓練受講者の義務である就職就職活動を恣意的に行わない、修了後に提出が義務付けられている就職状況報告書を提出しない、また報告書に故意に虚偽記載を行うなど、講師としての適格性に欠けるような行為が認められた場合、修了認定は取り消し(420時間修了証の失効)となります。

>>修了認定取り消し一覧



トップページ職業訓練日本語教師420時間の修了認定取り消しについて